あめがせみにふる

窓を開けると雨が降っていた

雨は点だけど

降っている雨は棒で

棒は地面で点になる

 

つよしは今日もため息をついた

また無駄に人生について考えているのだ

どれだけもがこうか

当たり前にのまれていく

 

傘をささず歩いた

分解されたせみをまたいだ

傘をささない理由

それは

ただ

めんどうだから

人が見る

なぜなら

雨が降っていれば傘をさす

これは当たり前だからだ

もしくは被害妄想か

 

つよしは慣れた

こんなに便利になったのに

人間は便利に慣れない

便利に過ごそうと思った人間は

それは、別の人間なのだ

 

どうでもいい

どうでもいい

 

あなたがつよしをどう思おうが

そんなことどうでもいい

好きにさせてくれ

変なアドバイスしないでくれ

当たり前の人間がいれば

当たり前じゃない人間もいるだろう

ただ、その枠にハメて

仲良くしてくれたらいい

多くは望まない

邪魔はしないでくれ

 

つよしは嘆く

先ほども言った通りどうでもいい

自分がどう思われようがなんて

結果で右往左往されるのだから

その過程に価値がつくのはまだだ

つよしは熱くなる

 

その環境にいれば

当たり前じゃない人間がいっぱいいる

そんな環境にいれば

不便はないのだろう

しかし

当たり前の環境に埋まる

当たり前じゃない子どもが

もがく姿を見たくない

「ミュージシャンになる!」

そんな子どもみたいなことを

言い出す29歳を

ストッパーから守るように

抱きしめたいのだ

29歳には彼の人生があるじゃないか

失敗してもいいじゃないか

そのとき、やさしく迎え入れてやれよ

ほらやっぱり失敗じゃないかなんて言うなよ

冒険者の数だけ、今人類は世界へ散らばっているんじゃないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つよしは

夜行バスに揺られ

一人熱くなる

あと10時間もすれば

東京

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA