暮らし

「ほら、ご飯よ。早く食べなさい。」

何気ない風景

握り飯

味噌汁

味気ない食卓

 

「隣の木村くんはさぁ、昼ごはんにおむらいすという奴が出るんだぜ!なにのさ、うちはどうなってんだよ。」

「文句言わないの。それに、おむれいすとかより、母さんの握り飯の方がよっぽど美味さ。」

「お・む・ら・い・す!ちぇー、ご飯食べたら、また遊びに行くからさ!」

「はいよ。よそ様にご迷惑かけないようにね。」

「うんうん」

 

それは

暮らしであった

急激な進化

急激な進歩

ついていけない我々は

目の前のオムライスをただ喰らい尽くし

必要がなければ捨てられ

新たにステーキが用意され

売れなければ捨てられる

金に回されている

 

実感もなく

悪気もなく

 

当たり前という

道をただ歩いた

ネットにより

世界がつながったが

人は

心は繋がらない

薄くなる一方

論理的に

より科学的に

否定できなくなる

そんな過程が

人を軽くしている

 

川の流れに逆らうことは無理だ

 

リストラ

借金

明日に希望を抱けなくなった人は

そこでようやく

握り飯を思い出す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA