紅い時間

きらり
きらり

のぼって
おりて

残酷に紅

ふと気づいたときにはもう遅い
だからそのために雑巾を絞る

もう水滴は出そうにない
それは自分の力では。
他の誰かならまだ
けどやり過ごすしかない
この時間が永遠に続けばいいのにと
雑巾を絞る時間が永遠に続けばいいのにと
波乱の幕開けになった

星がしゃべったら何と言うでしょ。

しゃべるわけがない
しかしそんな話をしているわけではない
もしわけがないがまかり通れば
この世はどうなってしまうのか

この目の前の紅は、何色だというのか
いや色というのもつまらないものになってしまうのか

一人の数学者が満足する解答
それを高い場所から見下ろしていた人々
は、今ひれ伏している
いそいそとあれやこれや忙しくしているところもある

そうして積み重なったぐちゃぐちゃを


というのは簡単に表してくれる
つまりそれ自体が解答としてなりたっていないけれども
人によって価値観は違うんだし
そんな昨今の当たり前のような言葉を
かなづちで殴りつけて

というのは目の前を支配している

かたい色
にぶい色

まぶしい色

この時間を支配する
この赤色は何者なのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA