0

光がいく

暗い壁

暗い壁

 

ビルに囲まれて

臭くて

でもにおいなんて気にならなくて

 

くらいくらい

 

ここにだれかいて

だれかがなにをしているかなど

 

べつにどうでもいい

当の本人が一番どうでもいいんだから

 

走り出す

 

人ごみをかき分けて

 

一番初めにぶつかった人は怒ってたけど

もうどうでもいい

 

それでも走る

口がかわく

 

喉がかわく

 

それでも走る

 

もうとまらなきゃ

身体がそう言っている

 

でも

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

止まる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕を照らしてくれた

月が一番あたたかくぼくを迎えて入れてくれたひかりだ

 

行く

行く

行く

 

 

 

 

月へ走る

 

 

 

 

ただがむしゃらに走っていく

闇を切り裂いていく

 

 

 

 

「これでいいんだよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA