0

ここは喫茶店。

俺は喫茶喫茶太郎

幸か不幸か

喫茶店に愛された男だ。

 

俺は今日もいきつけの

喫茶店にいる

 

この喫茶店は良い。

 

 

 

 

 

 

邪魔をしないジャズ

心地よい賑やかさ

椅子を引く音

甘い香り

苦い香り

深さを示すコク

口をしめらす

なめらかさ

 

 

 

 

 

「…それで旦那がねぇ」

 

 

これも楽しみのひとつ。

となりの女二人が会話を始める

旦那の話か

 

二人は大勢の中にいて

二人だ

 

それは調和されていて

俺のことなど

気にもしていないだろう

 

 

こんな夏の暑い日に

スーツを着て

気にならない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…そう、帰ってきてご飯だ風呂だって、召使いじゃないっての!」

「そうそう!」

「いいですか?」

 

 

俺は喫茶喫茶太郎

喫茶店をこよなく愛している男

この俺を驚かすなんて

大したお嬢ちゃんだ。

 

「えぇ。」

 

 

 

 

 

席は他にもある

にもかかわらず

15.6の女が

相席を希望してきた

 

俺は慌てない

 

 

 

 

 

「………ちょっと怪しくなぁい?」

「バカ聞こえちゃうでしょ!」

 

 

むしろ

隣の女達の方が慌てている

 

 

どうも

喫茶店は

哲学的にさせる

 

それは

考えたことを

哲学というカテゴリーにはめているだけ。

 

 

 

非日常を求める

しかし

実際は

日常が恋しくなる

 

 

 

俺と15.6の女は

そのまま相席を続けた

 

 

 

 

 

女は生意気にも

コーヒーを飲みながら

小難しそうな小説を片手に

耳はジャズへ向いていた

 

 

今は平日昼の15時69分

 

さてさて

そろそろほかの喫茶店へ

 

 

席を立つと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あの、すみません。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺より長居している

隣の女達がゴクリとこちらを覗き見ている

 

俺はゆっくりと

12年使い続けているカバンを手に取り

焦らすよう声が聞こえた方を向いた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ハンカチ、落としてます」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

きっと俺は

隣の女達と同じ顔をしていただろう

 

苦い顔

 

次は甘いカフェラテでも頼もうか

 

 

 

 

 

 

「ははっ」

とマスターに挨拶した後

店を出て笑った

 

俺もまだまだだな

 

 

 

 

 

 

俺は喫茶喫茶太郎

 

今日も喫茶店を巡る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA