0

旋律が走る

鍵盤をはじき

空気が震え

みどりに生い茂る

オーケストラの余韻

森の余韻

すいてきの端

鏡の冷酷さ

水色のあまさ

鳥が鳴く

 

もう一音

じっくりと

さきほどより低く

それはひくく

床がきしみ

たちまち空間が取り戻される

瞬間

空気が吸えなくなり

熱さが脳を燃やす

 

部屋にすっと

一音が足される

重いものをゆっくりと置くように

雑誌を開くように

包丁を洗うように

安心する

緊張感が安心を快楽にし

溺れていくさなか

斜めに角度を観た

それは確かであり不確かな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA