0

ここは喫茶店。

  • 俺は喫茶喫茶太郎

幸か不幸か

喫茶店に愛された男だ。

 

少し遠出して見かけた喫茶店。

 

酸味を包み込むような苦味の深さを喉で味わう

 

2口

 

 

 

 

 

 

タバコに火をつける

 

ライターが合図であったかのように、ピアノが耳にとおりはじめる

 

 

 

 

ピアノもコーヒーも詳しくはない

 

 

 

 

だが

 

 

 

鍵盤を押して

音が鳴るまでの

しっとりとした時間

 

深み

 

調和

 

滑らかさがコーヒーに合うことは知っている

 

 

 

 

 

 

 

 

タバコがたんたんと削れていく

 

音と絵が重なる

 

 

 

 

 

 

けむりが壁に沿っていく

 

複雑な映像を

描写を

 

 

 

 

いま、完璧だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は喫茶喫茶太郎

今日も

少し伸びたひげをさすりながら

時間に酔っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA