0

そそぐしずく


短い距離ならば傘を差さなくても良いほど、の。

じとじと
じとだけじゃものたりないほど、の。
じとじと

髪の毛から順に下に垂れていき、さらさらとした触感だが、溶けるような感覚で
高さ157cmがみずたまりのようになるが、よだれをすするとハッと気づいて
また戻った。

空を見上げたいが、とても不快で。
それを窓から覗きながらうふふとコーヒーをすする母。
とっても、明るい。とっても、暗い。
6:4のような
明るいようで暗い。

円を描いて、その円の中心部に向かって周りから雨。

正直、助かった。
死ぬかと思った。
怖かった。

助けてくれたのは、案外、われわれであったのは、わたしじしん拍子抜けというか
考えすぎていたわけではないが、それほど強烈でしたので。

右側に強く振り出したあめは
左側へそっとながれる

指先へ向けた意識がすっと外へ出ようとした。

それは

執拗な感覚でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA