0

choose to die store

「いらっしゃいませ!どう死にますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代は流れた

特に思い出深い出来事は、一人の少女がきっかけだった

その瑠璃色の瞳は、私たちをやさしく包み込んだ

 

一人の青年が言い放った

「自由」

 

 

 

 

私たちは、選べる

長く続いた平和に生きた若者たちが生み出す新しい流れに

先人たちは、抗った。

根性・覇気・気合い・やる気・かなしみ

そんなトゲトゲしい

感情。

先人たちはそれらを失っていく若者たちに

努力という美しく輝く宝石をプレゼントしたかった

 

けれども、若者は、そこらの石でいいという

石を磨くという

 

しかし、先に死ぬのは先人たちであった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうして、今

尊い命

という枠を外し

死ぬか生きるか

を選べる時代が来た

世界基準として、まったくあとくされもなく

つまりは、個人を尊重をするということ

「当店では、死に方をお選びいただけます!」

以外にもたけるは冷静であった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「開店当初では、痛くないように殺してほしいという注文が多かったのですが、最近では、飛び降りオプションを選ばれるお客様が多いですね

「は、はぁ・・・」

 

 

たけるがこの店に来た理由はひとつ

生きる理由がない

ただそれだけだ

かつてであれば、なにかこう良いことを言って引き留めることが道理であった

しかし、たけるが生きる世界というのは

個人が尊重されるのだ

 

「じゃぁ・・・痛くないように・・・」

「かしこまりました!」

「竹垣たけるさまのご口座より送金されました5030万円の支払いを確認いたしました。」

「親族さまへの遺言または遺産は、いかがなされますか?」

「大丈夫です・・・」

「かしこまりました!」

 

 

 

 

 

 

 

 

そうしてたけるは、まるで今からエステを受けるかのような場所のベッドに寝ころび

10分の時間を過ごした

 

これは、なるべく、死なないでほしい

というニュアンスを踏まえた10分である

この10分で死ぬことを考えなおす人は大勢いる

しかし、たけるは違う

たけるにとってこの10分は、診察待ちの10分と変わらないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「では、施術させていただきます。おつかれさまでした」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にがいにがいにがいにがいにがいにがにがにがにいgないいにがいいgにあいにがにいがにgないいにがい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あおぞら

あおぞら

あおぞら

あおぞら

 

 

 

はなび

 

 

 

 

どぐろい

にくいんいくい

 

 

 

 

 

 

とうもろこし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

晴れない

きもちわるい

泣きそうだななんだなん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかあさん

おとうさん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たけるは、注射を持つ医者の腕を掴んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA