0

薄い青とオレンジ

尊い命が儚く散っています

それはまるで時間のように感じるのです

食事をして寝ている間にも

日が刻々と過ぎ去っていて

けれども我々の意識の中にその感覚はありません

右を見ているときには左の景色が見えません

その間は右の景色だけが全てであり

右の景色というのは写実されたもののようです

海にみかんが浮かんでいた場合

そのみかんというのはゴミでありましょうか

はたまた

人によっては相容れぬ物が触れ合っている緊張感を感じさせませんと

デモ行進を行いますか

子どもがコーヒーを飲みながら今の政治について語る姿を真剣にメモを取りながら聞くおじいさん

真面目か不真面目か分からない

緊迫とした世界を作り上げた瞬間

右を見ている景色しか見えていないのでしょう

一つならまだしも

二つや三つ

同時に指示を与えられると混乱してしまいますが

頭の中を上手に整理できる人は鼻が長くなっていそうです

でわ自分らしさとは一体なんでありましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でわ自分らしさとは一体なんでありましょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣きながら餅をつけばいい

笑いながら勉学に励めばいい

本当に良いのか悪いのか

頭がおかしくなりそうです

そうです

この吐きそうな

気が狂いそうな

胃が上に登ってきそうな

そんなことは無いので真顔でありますが

心の顔はくしゃくしゃとしていまして

それを求めているときがあるのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな

景色でありました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA