0

溶ける人間

今、本を読んでいた

ただそれだけである

 

視界に入る文字数を大きく超えて脳裏にとあるイメージが浮かび上がった

 

それが良いものか悪いものかは分からない

そして、それを決めるのは、決めることが個性だというのであれば

 

それも残酷であるように思えたのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、明日仕事が無ければどうか

もし、仕事が無ければどうか

 

大前提として

人間は、お金が無くても生活ができる

 

それは、我々の先祖が証明している

 

けれどもそれが出来ないというのであれば、親の教育不足になるのかもしれない

 

もっとも自然界での話だ

 

 

ちょっとまってくれ

我々は自然ではないのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UFOのような円盤にすいこまれる

宙に浮いたまま移動する

 

そこは、何も問題がない

圧倒的な力で為すすべもないが

誰かに襲われることもなく

 

もう10時間以上もそのままであるから、不思議と慣れてしまったとして

 

文句を垂れ流す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もしだ

もし

私達が普段働くなかで

文句を垂れていた場合

それは誰になにをどう文句を言っているのだろうか

 

 

自分のことは

自分でしなさいとは

どこまでのことであろうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまグルグルと脳内を回っていて

それが仕方がないなんて言葉では済ませれそうもなくて

 

文句も言うぐらいなら

働かなければいい

なぜなら生きることはできるから

それは我々の先祖が証明してくれていて

 

もし仕事が無ければ困るわけで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もし、仕事という生きがいが無ければ私達はどうなるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私達は

深く

深く

 

溶けていく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA