0

歩きながらあるきながら

あるきながら考えたことがあるんです

それは人に言うことではありません

ならば言いません

それは置いといて

歩きながら思ったことは

これは卑怯であることです

空気が吸える

くうきをすえる

空を眺める

贅沢な時間が

狂おしく

控えめに

どうしたらいいのか分からないんです

ラジオの方もたじたじ

そんな質問をハガキに殴りつけて

お星さんがこう答えるんです

「卑怯だね」

軽蔑したような目が

安心します

夜に道を歩いたんです

聞いてください

僕よるに道をあるいたんです

泣きながら嗚咽をこぼしながら

それは振られたからじゃないんです

嬉しかったんです

今生きていることが

こうして空気を吸えることが

汚い空気をめいいっぱい吸えたんです

気持ちのいい感覚が僕を痺れさせました

だから怒りました

「なんでだ」

勝手にすぎるんです

朝食べたシュークリームは

丸呑みしたので

このまま耳から出てくるんじゃないか

こんな僕を卑怯だと罵ったあの野郎に

こんな想いを無言で突きつけました

さようなら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA