0

よわいヒーロー

「げーへっへ。可愛い坊やだねぇ。おじさんと一緒においでよー」

「うわぁーたーすーけーてーー」

「まてい!!」

「げへ?誰だお前?」

「お、おまえは!?」

「私は、超絶無敵のスーパーヒーロー!外野マンだ!!!100万円でその子を離せ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ちぇ、おまえに助けられても嬉しくねぇよ!変なことするなよな!」

「なーに感謝はいらん。君も助かって嬉しい。おじさんも嬉しい。わたしも嬉しい。みーんな幸せだ!」

「おまえみんなになんて言われてるか分かるか?よわヒロだぞ。よわいヒーロー略してよわヒロ。」

「ほーぅ。それは興味深い。実名にも近いところがまた憎めんな。」

「よわヒロどうせ暇だろ?」

「うむ暇だ。」

「ブランコしにいこうぜ」

「うむ良いセンスだな。」

「だまれ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「よわヒロって普段なにしてるの?」

「ヒーローだ。」

 

「ニートだ。」

「なんでそんな金持ってんの?」

「ヒーローだからだ。」

 

「親が。医者ヒーロー。」

「かぁーいいよな。俺ならその無限の資源を利用して、悪の大王にでもなるかなー」

「そしたら敵だな。」

「だなぁ」

 

 

「あ、よしひろーー」

「む?」

「ん?」

「今から野球するから、おまえまた外野入ってくれよーー」

「むむむ任せろ!今日は、レフトマンも連れて行くぞ!」

「おい、なんで俺も入ってんだよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も外野マンは川口市を守る。

朽ちることなき悪を滅すため

 

しかし、外野マンは気づく。

川口市の再犯率が増えていることを。

そして、犯人は揃ってこういうらしい。

「あの、変な格好した金持ち坊主を呼んでこい」と

外野マンは悩む

みながどうすれば幸せになるか

考えた結果が、もしかしたら間違えているかもしれない

外野マン、悩む。

「よしひろ〜ご飯よ〜」

外野マン、閃光の如くひらめく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「げ〜へっへ。おい、あの金持ち坊主を出せー!100万よこせー!」

「うわぁーーたーすーけーてー」

「まてい!!」

「おまえは!?」

「おっ、でたなー。100万円よこせ!じゃないとこのガキどうなっても知らねえぞ!」

「うむ、前のマニーはどうした?」

「はぁ?あんなもんすぐ無くなっちまったよ。あと7回は、このガキ捕まえねぇとなぁ。」

「ひぇ〜」

「うーむなるほど…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おい、オヤジ。」

「なんだ?さっさと金をよこせばいいんだのよわいヒーローさんよぉ!!」

 

 

 

 

 

「私の仲間にならないか?」

「!!!!!!!!???」

「!!!!!!?!!!!?」

「…!!!!?!!!!!!!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、よわいヒーローは、世界を救いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA